空調などを工夫することで省エネに貢献、ビジネスを更に効率良く

整理整頓

掌上の地球

作業効率を上げる

工場で省エネを行う方法として、作業効率を上げることも重要です。
作業効率が良くなることでコストやエネルギー使用量の増加を防ぐことができます。
整理整頓が行き届いていないと、どこにどの道具が置いてあるかがわからなくなってしまい、そのせいで作業が通常よりもはかどらないのです。
そのような事がないように普段から整理整頓を行う必要があります。
整理整頓や周りの環境を清潔に保つこと、これを「5S」といいます。

5Sとは

5Sとは「整理」、「整頓」、「清潔」、「清掃」そして「しつけ」のことをさします。
この5Sが工場で省エネ活動を行う際にとても重要になってきます。
これらの活動は「生産効率を上げること」が重要になります。
生産効率がよくなることで無駄がなくなり、結果コスト削減に繋がるのです。
置いてある道具を間違えてしまうなど様々な理由で作業が遅くなってしまうことがあります。
その際に作業で掛かる時間は増えてしまい、作業を行うために必要なエネルギーもその際に消費してしまうことになるのです。
したがって工場で省エネ活動を行う際にはこの「5S」がとても重要になってくるのです。
当たり前のことといえばそうですが、このような身近でちょっとしたことに注意するだけでも立派な省エネ活動のひとつとなるのです。
ちなみに工場内で30KWの機械を稼働している時、一日10分段取り時間を減らすだけで、年間約16,000円のコスト削減に繋がる層です。
それだけでこれだけのコストが削減できるので、工場内でもっと多くの人が取り組むことによって、省エネにもっと貢献していくのです。